プロスピA攻略 虎王の球辞苑

2016アプリ配信時よりプレイ。無課金&阪神純正で覇王を目指し再出発!! 最新情報や初心者~上級者向け攻略、無課金プレイ攻略記事を発信します!

【イベント攻略】バッティングトラベラー攻略!

新ランキングイベントを攻略!

f:id:prospia-torao:20190726153832j:plain

新しいランキングイベント...バッティングトラベラー!このイベントは2019.7.25 TS第4弾登場にあわせて初開催となりました。イベント攻略のために判明してきた情報をまとめていきたいと思います!

(いつも情報提供を下さる読者の皆様、本当にありがとうございます。改めてお礼申し上げます。)

バッティングトラベラーとは? 

イベント説明って読むには長くてややこしいですよね。そこで、まずは最低限抑えておくべきポイントをまとめました!

基本情報

  • 基本は、打者3名を連続で操作する。どれだけ遠くに飛ばせたか?打撃結果をポイント化(=移動飛距離と呼ぶ)し競うイベント。
  • 投手操作や特別試合なるものが稀に発生。うまく活用すると移動飛距離を伸ばすことが出来る。
  • 通常オーダーを使用。
  • 自操作時における選手交代は不可。
  • 通常スタミナを使用。
  • 選手獲得ボーナスなし。
  • 2倍試合(スタミナ消費も2倍)あり、自動試合も可能

飛距離(移動飛距離)って?

今回は「飛距離」を競うランキングイベントです。そのため、ゴロヒットより外野へのフライアウトの方が多くポイントが稼げるという珍しい仕様になっています。効率的にたくさん稼ぎたいところですが、これには自操作以外の要素も影響してきます。

自操作中の飛距離

  • 打球の着弾点*1までの飛距離が移動飛距離(m)としてポイント化されます。
  • アウトになると移動飛距離は半分になる。エラーの場合は半分にならない。
  • ファウルフライ、四球は0mとして扱われる
  • 弾道ボーナスがある*2

自動試合中の飛距離

自動試合中も打撃成績によって移動飛距離(ポイント)が加算される。

  1. 一塁打...15m
  2. 二塁打...30m
  3. 三塁打...50m
  4. 本塁打...80m 

試合結果によっても飛距離が加算される。

試合結果によって移動飛距離(ポイント)が加算されます。

  1. 勝利...150m 
  2. ドロー...100m
  3. 敗北...50m

投手操作(ボーナスチャンス)で飛距離が1.5倍に。

自操作した場合、稀に9回にボーナスチャンスとして投手操作機会が発生する場合があります。対戦する相手打者を抑えると、その試合の移動飛距離が1.5倍になります。 

特別試合をうまく活用する。

次の目的地に到達した次の試合、またそれ以外でも稀に特別試合が発生します。特別試合には4種類あり、その効果が異なります。

  1. ストレートマッチ...相手投手がストレートしか投げない。移動飛距離のボーナスはなし。
  2. スラッガーマッチ...自操作した部分にだけ移動飛距離2倍のボーナスがつく
  3. 超スラッガーマッチ...試合全体の移動飛距離に2倍のボーナスがつく
  4. 極スラッガーマッチ...試合全体の移動飛距離に3倍のボーナスがつく

押さえておくべきポイント!オーダーの組み方は?

バッティングトラベラーの大きな特徴として、序盤の方が移動飛距離(ポイント)が稼ぎやすくなっており、累計報酬終了後はポイント獲得ペースが極端に落ちること*3が挙げられます。既存のランキングイベントでは、序盤の方がポイントが稼ぎにくく後半になるにつれて獲得ペースが伸びるものが多く、この部分は大きな違いになるので覚えておきたいところです。

オーダーの組み方

通常オーダーを使うため、選手育成をしながらイベント進めたいところです。しかしオーダーが弱すぎると、移動飛距離(ポイント)が全然稼げないという事態にもなりかねません。そのため...

  • 打者スタメンはホームランもしくは長打を狙える選手起用を。
  • ボーナスチャンス(投手操作)を想定した投手オーダーを。

この2点は注意しておいて間違いないでしょう。イベント攻略を重視した場合、選手育成はしにくいイベントだと思います。特にランキング挑戦する場合は選手育成にこだわらないことも必要だと感じています。

おすすめのオーダー

その上で、参考までにイベント効率と育成のバランスを取るために、個人的にベターだと考えているオーダーの組み方を紹介します。

  • 野手はスタメンのみガチオーダー*4。ベンチ4名は育成メンバー。
  • 投手が先発5名のみガチオーダー*5。他は育成メンバー。
  • チーム方針で選手交代に関するものは消極的にしておく。

この形になります。打撃は自動自操作ともに問題ないでしょう。投手操作時も(9回登板)、育成メンバーが登板する可能性は非常に低く*6、良いバランスではないかと思っています。

効率的に飛距離を稼ぐ!

今回のイベントは自操作した方が、圧倒的にエナジーの節約に繋がるのは間違いありません。そして自操作をした場合でも、その結果(どれだけ移動飛距離を稼げるか?)には自操作以外の要素が大きく影響します。

自動試合部分で稼げる移動飛距離の差が大きいこと*7、特別試合やボーナスチャンス(投手操作)が発生するかどうか?も不確定であること。これによって1試合あたり獲得できる移動飛距離は最低で200mほど、最大では12000mほど*8になってもおかしくありません。

運次第で大きく差が出ることをお知りおき頂いたところで、私が考える効率的に稼ぐために心がけると良いことを紹介します。

エナジー効率を良くするための心がけ

  1. 超スラッガーマッチ、極スラッガーマッチは2倍試合を使用するべし
  2. 自操作するならば、スラッガーマッチも2倍試合推奨
  3. 打撃操作に自信があればストレートマッチの2倍試合使用も許容範囲か。ただし自動試合の結果によっては移動飛距離は伸びないケースも多いので通常試合で問題なし。
  4. ボーナスチャンスの影響は大きい!ミスしないように細心の注意を。
  5. 自操作時において。通常試合は1試合あたり1000mを目指したい*9。2倍試合使用時は荒稼ぎしたいが、失敗しても2000m以上は欲しい。

5に関しては、1~4を心がけてプレイする上で私自身がノルマとして課していることになります。これくらいのイメージでプレイできていれば、エナジー効率的には悪くないだろう〜と目安程度で考えていただければと思います。

累計報酬のSランク契約書獲得が目標なら...

 先に紹介した1~5のうち、特に序盤は2と3は無視してOKだと思います。目的地が近い=特別試合発生が頻繁にあるので、無理せずとも超ないし極スラッガーチャンスに遭遇しやすいからです。後半に向かう中で、目的地が遠いと感じたあたりから2や3についても検討してみて頂くのが良いかと思います。

(この記事を書いている段階では、イベント途中ということもあり累計報酬のSランク契約書には到達していませんが 、おそらく自然回復分のスタミナで到達できると思っています。)

ランキング上位入賞が目標なら...

繰り返しになりますが、累計報酬獲得後に移動飛距離の獲得ペースが落ちます。まずはここで気持ちが折れないようにしたいところです。

エナジー効率を考えるならば、先述の1~5を心がけてプレイするのが一番良いと思います。時間効率だけを考えた場合だと、全て自動試合かつ2倍試合がやはり最強となるでしょう*10...しかしエナジー消費はとんでもないことになってしまうと思います。

エナジー効率を重視したい派の方も、イベント終盤には追い上げなければならない時、逃げ切らなければいけない時も出てくるかと思います。その場合を想定して...

  • 通常試合は自動試合を使う→より多く試合数をこなして特別試合の遭遇回数を増やす
  • 特別試合発生&2倍試合を使う時のみ自操作し、一気に飛距離を稼ぐ。

最終手段としてこれくらいは考えておいた方が良いだろうと思っています。どれくらいエナジーを浪費してしまうのか分かりませんが...無理しないで済むように早めにリードを取っておきたいところです。

2019TS第4弾×バッティングトラベラー 最新ボーダーライン!

今回もボーダーラインの情報をまとめて行きます!初開催なので予想は難しいかもしれませんが、今後のために少しでも有意義な情報を集めたいと思います。

ボーダーライン/攻略記事

別記事として準備中…(公開後にリンク貼ります)

*1:フライやライナーの場合は野手が捕球した地点となる。

*2:グラウンダー&低弾道...移動飛距離1.5倍、ラインドライブ&中弾道...移動飛距離1.2倍

*3:次の目的地に到達する毎に特別試合が発生しますが、後半につれて目的地までの距離が遠くなるため必然的に特別試合の発生回数が減ります。特に累計報酬終了後は、目的地までの距離が一気に遠くなるため、特別試合が来ない→全然ポイントが稼げないという感覚になると思います。

*4:自操作はもちろんのこと自動操作中の打撃内容も結果に大きく影響します。そのため弾道ボーナスは無視して弾道:アーチストやパワーヒッターを並べた方が良いと思います。弾道ボーナスは強打者を揃えることができないビギナーさんへの救済措置なのかもしれません。

*5:完投能力が高い選手であればより良いと思います!

*6:旧アカウントを使って検証中。イベント2日目終了時点で累計飛距離が60万を超えましたが、育成メンバーが登板したのは1度のみでした。

*7:現時点で150m~900m前後まで幅があることを確認しています。

*8:全てが良い結果になった場合の理論値です。実際にここまで稼げる可能性は低いかもしれませんが、読者さんから頂いた情報では8000m以上とのお話がありました。そして私も同様の試合を経験しています。

*9:実際は、自動試合部分で稼げず500~800mあたりになることが多い。

*10:今回のイベントでは、自操作1試合にかかる時間が約1分30から2分弱、自動試合1試合にかかる時間が約30秒です。自動操作の方が1試合で稼げる飛距離はおよそ3〜5割ほど少なくなるものの、計算上は自動試合ぶん回しの方が同じ時間だと多く稼げることになります。