プロスピA攻略 虎王の球辞苑

2016アプリ配信時よりプレイ。無課金&阪神純正で覇王を目指し再出発!! 最新情報や初心者~上級者向け攻略、無課金プレイ攻略記事を発信します!

アニバーサリープレイヤー2018選手評価

広島 丸佳浩

f:id:prospia-torao:20180923235627p:plain

ミート, パワー, 走力=83, 83, 75  

評価☆☆☆☆☆☆☆

2018アニバーサリープレイヤーの中でも、間違いなく1番の目玉選手です。最高クラスのステータス、ミート&パワー同値によるコンボへの貢献、高い守備能力...攻守いずれの面から見ても高いレベルで活躍してくれるでしょう!

(2018.10.9追記) 特殊能力「パワーヒッター改」がついたことにより弾道がパワーアップ!予想よりもさらに強化されています。間違いなく今回の最高評価選手です!

広島 菊池涼介

f:id:prospia-torao:20180924011908p:plain

ミート, パワー, 走力=75, 72, 78

評価☆☆☆

今季は打撃が奮わず、下位打線への降格も味わった菊池選手。ミートだけでなく走力値も低下しA評価→B評価へ。少し過去のseriesからは見劣りする能力になってしまいました。しかし守備能力は高く、トップクラスの二塁手であることは変わりません。

阪神 糸井嘉男

f:id:prospia-torao:20180924012830p:plain

ミート, パワー, 走力=80, 78, 80

評価☆☆☆☆☆

すでにseries2にてSランク右翼手としても登場しています。通常Sランクとアニバーサリー版いずれも優秀なのですが、大きな違いがあります。アニバーサリー版はミートおよび走力が(称号なしで)A評価になります。さらに称号まで考えるとパワー80(A評価)も狙いやすくなります。TS版糸井選手も登場しておりましたし、糸井選手のAランクをお持ちの方も多いでしょう、称号をつけることによってご自身の戦力に合わせて使いやすくカスタムすることもできます。特にコンボを重視するような上位クラスのプレイヤーに人気が出るでしょう。ぜひ手に入れたい選手の一人です!

阪神 北條史也

f:id:prospia-torao:20181008014404p:plain

ミート, パワー, 走力=73, 62, 68

評価☆

2018シーズンは2軍スタートでしたが、6月22日に2度目の1軍昇格を果たすと勝負強い打撃を見せ2番ショートとして活躍を続けていました、ちょうど総選挙の頃ですね。53試合出場と少ないながらも打率.328と結果を残し、その期待感を持って当選した北條選手。2017年series1以来のプロスピ登場が決まりました。しかしその後9月14日ヤクルト戦、捕球の際に肩を痛めてしまい抹消(左肩亜脱臼)。レギュラーシーズンの復帰は難しいとみられています。

能力的にはご覧の通り非常に厳しいものとなっております。私は阪神純正チームを作っているため取りに行きますが、12球団オーダーを目指す方からすると残念枠になってしまうでしょう。阪神純正の方で、かつTS鳥谷選手を獲得できなかった方からすると、北條選手は純正ショートのキーマンになる可能性があります。

【2018.10.7追記】10月5日にSランク遊撃手が追加されました。阪神遊撃手として北條選手も登場し、ステータスはミート, パワー, 走力=72, 61, 67でした。9月4日Bランクとして登場した時よりもミート値が+5されています。これに伴い上記の表も修正しています。ミートと走力の同値は無くなってしまい賛否両論あると思いますが、ファンとしては活躍が評価され嬉しいなと思います!

今回の北條選手のケースのように、series2選手登場後1ヶ月にして早くもステータス微修正が入ると判明しました。北條選手が活躍していた時期を考えると8~9月頃の活躍を参考にしているように思います。こちらのページで紹介している他の選手も、アニバーサリー選手として登場する際に修正が入るかもしれません。

横浜 筒香嘉智

f:id:prospia-torao:20180924020253p:plain

ミート, パワー, 走力=80, 83, 68

評価☆☆☆☆☆

成績的にはミート、パワーの微アップも期待できたのですが、series1と変わらない能力での登場となりそうです。しかしながらアニバ版はステータスが+1されるため、最初からミートも80A評価を持っています。通常版Sランクよりも、「コンボ強化」という点で見ますとアニバ版にアドバンテージがありますね。そして何より弾道アーティストの強打者を確定で手に入れるチャンスはそうありません。是非獲得したい選手です!

横浜 山崎康晃

f:id:prospia-torao:20180924020618p:plain

球威, 制球, スタミナ=85, 76, 63

選手評価☆☆☆☆

球威、制球の低下だけでなく、スライダーがB→Dと弱体化しました。球種はカットボールが無くなったもののフォークが増えて5球種所持は変わりません。series1よりも少し弱くはなりましたが、抑えはもちろんのこと中継ぎ適正もあり球威型のピッチャーを求めているのであれば、中継ぎ〜抑えを安心して任すことができるでしょう。

 

巨人 坂本勇人

f:id:prospia-torao:20180924025449p:plain

ミート, パワー, 走力=83, 77, 77

評価☆☆☆☆

シーズン途中、怪我により戦線離脱しましたがステータスへのマイナス影響はなかったようです。打率が登り調子ということもあり、微強化されて登場するでしょう。ステータスの同値は狙えないものの、高い打撃能力と守備適正Aを有した現役最強クラスの遊撃手です。プロスピプレイヤーの中では、自操作の際に使いやすい(ヒット打ちやすい)との声も多い選手ですね。

巨人 菅野智之

f:id:prospia-torao:20181010115901p:plain

球威, 制球, スタミナ=84, 86, 86

選手評価☆☆☆☆☆☆

プロスピ現役最強投手健在!能力の高さに加えて、球種の数も質も超一級です。series1に比べると少し能力は下がってしまいましたが、元々の能力が非常に高いためさほど気にならないと思います。球威と制球&スタミナの差が2となってしまったので、球威型にしたい同値にしたい...と言う方は注意が必要ですね!

中日 松坂大輔

f:id:prospia-torao:20181002122359p:plain

球威, 制球, スタミナ=73, 61, 73

選手評価☆

思っていた以上に能力アップした松坂選手。長い回は投げれないものの、中日先発陣の中ではかなりの存在感を見せています。能力が上がったとはいえ、大事な先発を任せれるほどの能力ではないように思います。アニバ版のAランク松坂選手を集めて、TS版の松坂選手の限界突破を進めたい...といった需要の方があるかもしれませんね。

中日 平田良介

f:id:prospia-torao:20180924025547p:plain

ミート, パワー, 走力=79, 72, 73

評価☆☆☆

アニバーサリー、中日枠の当たり選手が平田選手ではないでしょうか?ミート値の大幅アップを勝ち取った平田選手。12球団オーダーで考えても十分にオーダーに入ってくると思います。ミート80(A評価)にギリギリ届かないため評価は☆☆☆としましたが、称号込みで考えるとミート+1でOKですので、そこまで育成ができればかなりの有能選手に!守備が良いのも高評価ですね!

ヤクルト 青木宣親

f:id:prospia-torao:20180924025600p:plain

ミート, パワー, 走力=82, 66, 78

評価☆☆☆

今シーズンよりNPBに復帰した青木選手、さすがの活躍です。ミート値が1下げられてしまいましたがほぼseries1と同等の能力となっています。私個人としてはセンターラインの守備はかなり大事と考えており、そのため守備適性がさほど高くない青木選手の評価は少し控えめとしました。センターには丸選手、秋山選手、柳田選手といった超強力選手が多いのも理由です。しかしミートと走力は高ステータスを誇っており、上記選手よりは劣りますがセンターのスタメン候補には十分なり得ます。

成績を見ていて気づいたのですが盗塁がとても少ないのですね。盗塁数だけで走力値が決まるわけではないでしょうが、来シーズンは走力低下も懸念されます。

ヤクルト バレンティン

f:id:prospia-torao:20180924032416p:plain

ミート, パワー, 走力=71, 84, 62

評価☆☆☆☆

12球団オーダーで考えると、ヤクルト1位当選の青木選手よりもこちらのバレンティン選手の方が当たりだと考えています。ヤクルトでパワー80を超えてきそうな現役選手はバレンティン選手の他には山田選手しかいません。他球団の現役選手を見渡しても、パワー80越えの選手は少なく、パワー型のコンボを作ろうとする際に困ることが多いのです。毎年安定した成績を残している選手なので、シルエット化や大幅な能力低下の心配も少なく、今後継承しながら使っていけるだろう...という点も大きいですね。

ソフトバンク サファテ new!!

f:id:prospia-torao:20181019111144p:plain

球威, 制球, スタミナ=89, 75, 62

選手評価☆☆☆☆☆

菅野選手が現役最強の先発投手なら、サファテ選手は最強クローザーでしょう。日本記録を作った彼の豪腕...球威89は圧倒的です!

しかし今季は怪我のためシーズンの大半をリハビリに充てることになってしまいました。代役として森選手が抑えを任され、サファテ選手はほとんど試合に出場できていません。そのためseries2通常選手として登場する可能性は極めて低いと思います。2018seriesで彼を確実に獲得するラストチャンスとなると思います。

ソフトバンク 千賀滉大

f:id:prospia-torao:20181010115925p:plain

球威, 制球, スタミナ=81, 71, 73

選手評価☆☆☆☆

球威80を超える剛腕投手!ソフトバンクのエースですが、今季は少しつまづいてしまい能力も少しダウンしてしまいました。おばけフォークで三振を取る爽快さは、一度経験すると忘れられませんよね。中継ぎ適性もDあり使い道も多いので、ぜひ限界突破を進めてオーダー入りさせたい選手の一人ではないでしょうか?

西武 浅村栄斗

f:id:prospia-torao:20180925034636p:plain

ミート, パワー, 走力=79, 79, 73

評価☆☆☆☆☆

セ・リーグ野手の目玉が丸選手とすると、パ・リーグ野手の目玉選手は西武浅村選手になるでしょう。おそらくセレクション山田選手とアニバ浅村選手が、2018seriesの最強2塁手として位置付けられると思います。ミート、パワーともに80には届かなかったものの、デフォルトで同値であることはかなり有利であり、さらにどちらも+1で80A評価まで届くため非常に育成しがいのある能力となっています。ぜひ称号をつけて使いたい選手ですので、狙う方はAランク浅村選手の確保にも注力したいところですね。

西武 森友哉

f:id:prospia-torao:20181003022802p:plain

ミート, パワー, 走力=77, 76, 72

評価☆☆

series1よりもミート値が-1されてしまったものの、今季は捕手として多くの出場機会を得て西武優勝の原動力となりました。ここには表示されていませんが、ステータスよりも捕手としての能力アップが非常に嬉しいですね!過去seriesにおいてはDH枠、野手枠としての登場が多く、SランクAランクともにseries終盤での追加されることが多かったように思います。そのため限界突破用の森選手をどれだけ所持しているか?がオーダー入りの鍵になりそうです。

楽天 則本昂大

f:id:prospia-torao:20180924030423p:plain

球威, 制球, スタミナ=83, 75, 87

選手評価☆☆☆☆☆

series1、エキサイティングプレイヤー版からすると能力はかなり落ちてしまいました。そして一番痛いのは「称号をつけても球威型にできない」という点でしょう。上位ランカーになると球威型投手を揃える方も多く、そういった方からするとオーダーに入れるのが少し難しくなってしまいました。とは言えVロードやリーグ戦、イベント、リアタイ...といずれの場所でも大活躍してくれる則本投手は投手当たり枠です!

楽天 松井裕樹

f:id:prospia-torao:20180924030502p:plain

球威, 制球, スタミナ=81, 56, 64

選手評価☆☆☆☆

松井選手も能力がかなり下がってしまったのですが、その中でも2点良かったところがあります。まず1つ目、球威が80を切らなかったこと。球威型コンボ要員として健在です。2つ目、成績悪化により抑えから中継ぎへ配置転換されたことにより、中継ぎ適正がE→Sに大幅アップしました。抑え適正はSのままです。限界突破を進めなくとも中継ぎに配置できるようになったのは嬉しい誤算と言えます。 

オリックス 山岡泰輔 

f:id:prospia-torao:20181003022901p:plain

球威, 制球, スタミナ=75, 70, 70

選手評価☆☆☆

球威型でかつ球種が多いという希少価値のある投手です。強力コンボとして知られる「超変幻自在」を発動しやすくするためにオーダーに入れたいと考える方も多いと思います。しかしseries1では10球種だったものが、series2では9球種と減少している点にはご注意ください。そしてseries1よりも球威、スタミナとステータスが下がってしまったのも残念ですね。リアタイやプロスピコロシアムで当たりたくない投手です!

オリックス 山本由伸 new!!

f:id:prospia-torao:20181019111434p:plain

球威, 制球, スタミナ=80, 75, 65

選手評価☆☆☆☆

山本選手が強い!2018series1では覚醒選手(期待の若手)としてのみ登場しました。通常series、セレクション系では初登場となるにも関わらずいきなりの球威80 (A評価)!! 球種も7つ持っており、球威型の強選手としての要素をしっかりと兼ね備えています!惜しい点としては限界突破用のAランクの確保が今すぐには難しいことです。今後の通常Aランク選手追加が待たれます!

日本ハム 中田翔

f:id:prospia-torao:20180924030517p:plain

ミート, パワー, 走力=69, 79, 63

評価☆☆

FA行使せず残留を決めキャプテンを務める今季。復調を見せた中田選手が1位に選ばれました。残念だったのはパワーが80に届かなかったことですね。2016年本塁打25本を打ち、翌年プロスピではパワー80という査定をもらっていたのですが...「パワー上昇は無し&その代わりミートがかなり改善した」という強化に落ち着いたのは他のアニバ選手とのバランスのような気がしてなりません。

日本ハム 西川遥輝

f:id:prospia-torao:20180924030538p:plain

ミート, パワー, 走力=76, 70, 87

評価☆☆

西川選手の人気は衰えません。成績は落としているものの根強い人気でアニバ選手として登場します。西川選手のマイナスポイントは、ミート値の低下です。ミート76TOいう数値は称号込みでもミート80に乗せることはできません。そして走力型という点も変えることができないため丸選手、糸井選手、浅村選手とは反対にカスタムがしにくい選手となっています。しかしながらその走力は群を抜いており、リアタイなどでは代走要員として活躍してくれるでしょう!

ロッテ 井上晴哉

f:id:prospia-torao:20180924030554p:plain

ミート, パワー, 走力=74, 80, 56

評価☆☆☆

今回のアニバ選手の中で、一番大きく能力アップしたのが井上選手です。ロッテでは打力優秀かつ守備もいいという現役選手は少なかったので、今後12球団オーダーかつロッテ枠の代表格となりそうです。今後、西武山川選手やDeNA筒香選手のように日本を代表するスラッガーに成長する可能性も秘めており、Sランクは手に入らなかったがAランクだけは手に入った場合も手元に残しておくことをお勧めしたい選手です。

ロッテ 石川歩 new!!

f:id:prospia-torao:20181019111619p:plain

球威, 制球, スタミナ=77, 81, 79

選手評価☆☆☆☆

石川選手がパワーアップして帰って来ました。今季の活躍が反映されたようですね!球種も7→8へ増え、さらに全てのステータスが上がっています。アニバverの石川選手は称号次第によっては球威80Aも狙えます!ロッテ枠(投手)として、series2ボルシンガー選手が強いとクローズアップされていましたが、こちらのアニバ石川選手もかなりの有能選手と言えるでしょう。